大腸の構造と働き

大腸の構造

大腸の構造

大腸は、盲腸・上行結腸・横行結腸・下行結腸・S状結腸・直腸からなる、長さが約1.5mの管状の器官です。

大腸の壁は4層でできており、内側から順に、粘膜・粘膜下層・固有筋層・漿膜となります。

盲腸(もうちょう)
盲腸は長さが5〜6cm、大腸の最初の部位で、回腸とつながっています。
盲腸と回腸のさかいには回盲弁(バウヒン弁) と呼ばれる弁があり、これによって盲腸に流れた内容物が回腸に逆流するのを防いでいます。
上行結腸(じょうこうけっちょう)
上行結腸は長さが約15cm、盲腸から引き続いてカラダの右側を肝臓の下まで上行して、そこで左へと曲がり、横行結腸へとつながります。
上行結腸の後面は後腹壁とくっついているため、可動性がありません。
横行結腸(おうこうけっちょう)
横行結腸は長さが約40cm、肝臓の下までのびる上行結腸から引き続いて脾臓の下端まで左へと横断しています。
横行結腸は、腸間膜によって包まれており、この腸間膜と後腹壁がくっついているため可動性があります。
そのため、立っているときや、横行結腸に便がたくさんあるときなどは、横行結腸は下腹部のほうへ弓なりに垂れ下がっています。
下行結腸(かこうけっちょう)
下行結腸は長さが約30cm、脾臓の下端まで伸びる横行結腸が下方に曲がって、下行結腸へと続きます。 下行結腸はカラダの左側を下方向に伸びていて、S状結腸へと続きます。
下行結腸は直接後腹壁にくっついているため、可動性は少ないです。
S状結腸(エスじょうけっちょう)
S状結腸は長さが約40cm、下行結腸より続いて名前のようにS字状に曲がっています。
S状結腸も腸間膜によって覆われており、可動性があります。
直腸(ちょくちょう)
直腸は長さが約20cm、仙骨の前面を下行して肛門へと続きます。
直腸の下部は、内容物が溜まってくると膨らむ構造になっています。
また、直腸の下部には静脈叢(じょうみゃくそう)と呼ばれる、静脈が密集している部位があり、これが痔の原因となります。

大腸の神経支配
大腸は、交感神経や副交感神経といった自律神経によって支配されています。
交感神経は腸の運動や分泌の抑制のはたらき、副交感神経は促進に働きます。
そのため、自律神経のバランスが崩れると、便秘の原因となりますので注意しましょう。

大腸の働き

大腸では主に、水分とNaイオンの吸収が行われます。
この水分の吸収によって、小腸からきたときは液状だった便の原型は、大腸での水分の吸収によって固まって肛門より排泄されます。
大体食事をして、便が形成される時間は、18〜24時間くらいです。

坐薬はなぜ早く、そしてよく効く??
坐薬は、直腸下部の静脈から吸収されます。
飲み薬の場合、腸などで吸収されると門脈を経由して肝臓で処理されますが、坐薬の場合、門脈を経由せず直接下大静脈を通って全身にまわるため、早くそしてよく効きます。