目の構造と働き

目の構造と働き

目の構造と働き

目の構造
目は眼窩(がんか)と呼ばれる骨で囲まれたくぼみに脂肪をクッションとしておさめられています。
大きさは大体、直径25mmほどの球体です。
しかしながら、ただの球体ではなく、角膜や水晶体、強膜など様々なもので構成されています。

@結膜 A角膜 B瞳孔 C虹彩 D上直筋
E硝子体 F網膜 G視神経 H強膜 I下直筋
J水晶体 K毛様体小体 L毛様体

目の働き
目の働きは、カメラによく例えられます。

角膜(かくまく):フィルター
水晶体(すいしょうたい):レンズ
強膜(きょうまく):カメラのボディ
虹彩(こうさい):しぼり
網膜(もうまく):フィルム
毛様体(もうようたい):ピントあわせ

各部位の働き

結膜の働き
結膜(けつまく)とは、まぶたの裏側と強膜を覆っている半透明の膜です。
結膜は、外界と直接接している部分なので、目に異物が入らないように、粘液や涙液で目の表面を潤して防御しています。

部位別の呼び方

1・眼瞼結膜(がんけんけつまく)
まぶたの裏側の結膜のことを指します。
2・眼球結膜(がんきゅうけつまく)
強膜(白目)の表面を覆っている結膜を指します。

角膜の働き
角膜(かくまく)とは、縦10mm、横11mm、厚さ1mm程の透明なドーム状の膜で、ちょうど水晶体と虹彩を覆う形で存在しています。

角膜は、眼球の表面を保護する働きと、外の光を通して光を屈折させて、瞳孔を通して光を眼球内に送る働きをしています。
角膜をカメラで例えると、フィルターの役割を果たしています。

水晶体の働き
水晶体(すいしょうたい)とは、直径10mm、厚さ5mm程の透明な凸レンズ状をしています。
水晶体は、外から入ってくる光を屈折させ、網膜に伝えるという働きをしています。

水晶体が厚くなったり薄くなったりすることで、遠くのものを見たり、近くのものを見たり出来るようになります。
年をとるにつれ、この水晶体の柔軟性が失われて厚くなりにくくなると、近くのものに焦点を合わせづらくなり、 近くのものが見えにくくなります。
これが老眼といわれるものです。
水晶体をカメラで例えると、レンズの役割を果たしています。

硝子体の働き
硝子体(しょうしたい)とは、眼球内部の大部分を占めているやや固いゼリー状のものです。
成分はほとんどが水です。
硝子体は、入ってくる光を屈折させたり、眼球の形を保つ働きがあります。

強膜の働き
強膜(きょうまく)とは、0.3〜1.0mmの乳白色の膜でいわゆる白目の部分です。
強膜は、ほとんど光りを通さないので、余分な光が眼球内に入るのを防ぐ働きがあります。
強膜をカメラで例えると、カメラのボディの役割を果たしています。

網膜の働き
網膜(もうまく)とは、物をみるのにとても重要な部分で、10層からなる非常に薄い膜で、厚さは0.1〜0.4mmほどです。
内側の9層は神経網膜といい、外側の1層は網膜色素上皮細胞といいます。

神経網膜には光を感じる細胞(視細胞)が並んでいます。
視細胞には、杆体細胞(かんたいさいぼう)と錐体細胞(すいたいさいぼう)の2種類が存在しています。
杆体細胞は、暗いところでも働きますが、色をみわけることができません。
錐体細胞は、明るいところで働き、色をみわけることが出来ます。

視細胞は、神経線維とつながって、この神経線維が束になって視神経を作っています。
網膜で光によって作られた像は、視細胞で電気信号に変換され、視神経を通って脳に伝えられます。
網膜をカメラで例えると、フィルムの役割を果たしています。

瞳孔の働き
瞳孔(どうこう)とは、虹彩の中央にある穴です。
瞳孔は、明るいと縮み、暗いと拡がって、眼球内に入る光の量を調節したり、近くを見るときは縮んで、見るものを くっきりとみえるように働いています。

ブドウ膜の働き
ブドウ膜とは、血管や色素に富んだ膜で、虹彩,毛様体,脈絡膜をまとめてこのように 呼びます。

1)虹彩(こうさい)
虹彩とは円板型をした、いわゆる黒目の部分です。
虹彩は、眼内に入る光量を調節しています。
虹彩の中心にある瞳孔を拡大・縮小させて光量を調節しています。
※人種による虹彩の色の違いについて
虹彩実質にあるメラニンの位置や量によって虹彩の色が変化します。
2)毛様体(もうようたい)
水晶体の厚さを変える働きや、虹彩を固定する働きをしています。
また、房水の産生にも関与しています。
3)脈絡膜(みゃくらくまく)
強膜と網膜に挟まれた薄い膜で、毛細血管がはりめぐらされているので、眼球の各部に酸素や栄養を送ったり、メラニン色素を多く含んでいるので、眼球内を暗くしています。
カメラで例えると、暗室のような働きをしています。

房水の働き
房水(ぼうすい)は毛様体でつくられ、前眼部(角膜の内側から水晶体の前面)をこの房水で満たしています。

房水は、眼の内部に栄養をあたえる働きがあり、又、シュレム管と呼ばれる管から排泄されることによって眼圧が保たれています。  
そのため眼圧は、房水のつくられる量と排泄される量が一定であれば眼圧も一定に保たれますが、うまく排泄されなくなったりすると、眼圧が上昇して、さまざまな症状が起こります。