肺の構造と働き

肺の構造

肺(はい)

肺は左右に1つずつ存在しています。
右肺は上葉・中葉・下葉の3つに分かれていて、左肺は上葉・下葉の2つに分かれています。

肺は胸膜と呼ばれる膜に包まれています。
この膜によって、肺が呼吸によって膨らんだりしぼんだりする際におこる胸壁との摩擦を防いでいます。

肺の中に入った気管支は、幾度となく枝わかれをして、最終的に肺胞となります。
肺胞は直径0.2mmほどの小さな袋状のもので、ここで酸素と二酸化炭素の交換が行なわれています。

肺の重さ
肺の重さは、成人男性で約1060g、成人女性で約930g です。

肺の働き

肺胞

肺の働きはみなさんもご存知の通り、呼吸(酸素と二酸化炭素の交換)です。
これは気管支の末端にある肺胞で行なわれます。

肺胞は、気管支からきた酸素を血液中へ、血液中の二酸化炭素を呼気中へとガス交換をしています。
肺胞の表面は血管が張り巡らされています。
そして、肺胞壁と血管壁の間の組織間隙で分圧の高いほうから低い方へ、酸素と二酸化炭素がすみやかに移動してガス交換が行なわれています。

この肺胞全部を広げると、だいたいテニスコート1面分くらいの広さがあるといわれています。

呼吸は、起きている時寝ている時も絶え間なく1分間に15回程度(成人の安静時)リズムよくおこなわれますが、これは、延髄にある呼吸中枢によってコントロールされているためです。
この呼吸中枢をはじめとした呼吸調節機能が体内に備わっているおかげで、ヒトは意識せずに反射的に呼吸をして酸素を取り込み、二酸化炭素を排出できるのです。