肝臓の構造と働き

肝臓の構造

肝臓の構造

肝臓は、右肋骨の内側の横隔膜下に存在し、一部は横隔膜とくっついて存在しています。

肝臓は体内の臓器で一番大きく、重さはだいたい1200〜1500gくらいです。

色はみなさんも牛や豚のレバーを思い出していただければ分かると思いますが、暗赤色をしていてプルプルと弾力性があります。

肝臓は肝小葉(かんしょうよう)と呼ばれる肝臓の基本単位が集まったもので、この肝小葉は、肝細胞と静脈や動脈などの血管が集まってできています。

肝臓には、肝細胞が約3000億個ほどあります。
肝臓には成人で1分間で1000〜1600mlの血液が流れています。
このうち、3/4から4/5を門脈(もんみゃく)から、残りの1/5を肝動脈から受けています。

肝臓には、肝動脈・門脈・肝静脈の3つの血管があります。
肝動脈と門脈は、肝臓に血液が流れ込んでくる血管です。
肝動脈は、肝臓が働くのに必要な酸素を供給しています。

門脈は、胃や腸で消化して吸収された栄養素が門脈を通って肝臓に運ばれ、カラダに必要な成分に変換されます。

肝静脈は、肝臓から血液が流れ出ていく血管です。
肝臓に流れ込んできた血液は、肝静脈に集められて下大静脈へと流れ、心臓へと運ばれます。

肝臓は、半分取ってしまったとしても、だんだんとまた元通りにもどってしまうくらい、再生能力があります。
また、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれており、かなりのダメージをうけないと、カラダに症状があらわれません。
そのため、症状があらわれてから気が付いても、病状が進んでしまっていることも少なくありません。

肝臓の働き

肝臓は、体内に工場があるかのように多くのさまざまな働きをしています。

栄養素の貯蔵
炭水化物
炭水化物は体内で糖に分解され、肝臓でグリコーゲンに変換されて蓄えられます。
体内の血糖が少なくなってきたら、必要に応じてグリコーゲンを糖に再変換させています。

蛋白質
蛋白質は体内でアミノ酸に分解され、肝臓に蓄えられます。

脂肪
食物より摂取した中性脂肪は、エネルギー源として使われますが、必要以上に摂取すると肝臓で蓄えられます。
この過剰に脂肪が肝臓に蓄えられた状態が脂肪肝です。

その他にビタミンAなどのビタミンも肝臓で蓄え、必要なときに使えるようにしています。

物質の合成
肝臓では体内のコレステロールの約半分を作っています。
残りの半分は食物より摂取されます。

また、止血に必要な凝固因子やアルブミンなど体内に必要不可欠なものを作り出しています。

解毒
肝臓では、アルコールや薬剤・老廃物など体内に有害なもの分解して無毒にして、胆汁中や血液中に排出しています。

胆汁を作る
古くなった赤血球を分解し、その分解した際にできるビリルビンなどを材料として胆汁を作ります。
肝臓で作られた胆汁は、胆管を通って胆嚢に蓄えられます。

異物の除去
血液に入った細菌などの異物を肝臓に存在するクッパー細胞が食べて処理してくれます。