子宮の構造と働き

卵巣の構造

卵巣の構造

子宮の大きさは、縦約7cm・横約4cm・重さ約50gの洋ナシのようなかたちをした器官です。

子宮の上2/3の部分を子宮体部、膣につながっている下1/3の部分を子宮頸部と呼びます。

子宮は外側を漿膜(しょうまく)と呼ばれる薄い膜で覆われ、その内側に平滑筋でできた子宮筋層があります。
最も内側の子宮腔に面している部分が子宮内膜になります。

月経は、子宮内膜が剥がれ落ち、血液と共に体外に排泄される現象です。
子宮内膜は、女性ホルモンの働きで、厚さが1〜10mmくらいまで厚くなります。

子宮の働き

子宮の働きは、胎児を育てることです。

子宮筋は、とても丈夫で伸びやすく、胎児が成長するにしたがって、どんどん伸びていきます。
又、胎盤を形成して胎児の成長に必要な栄養を供給しています。