小腸の構造と働き

小腸の構造

小腸の構造

小腸は、長さ3〜4m(生体での計測の場合)、直径は500円硬化ほどの管状の構造をしています。
小腸は、胃側から十二指腸、空腸、回腸に分類されます。

十二指腸は、12本の指を並べた幅の長さに一致することから、この名前がついており、約25〜30cmあります。
空腸・回腸は厳密なさかいはなく、十二指腸を除いた小腸の十二指腸側から2/5が空腸、3/5が回腸となります。

十二指腸は腹壁に固定されているため、可動性が乏しいですが、空腸と回腸は腹壁に直接固定されておらず、腸間膜に包まれているため可動性があります。

小腸には、絨毛(じゅうもう)と呼ばれるひだが生えており、その絨毛には微絨毛(びじゅうもう) と呼ばれる毛のようなものが生えています。
これによって、小腸の内腔の表面積が広くなり、効率良く栄養の吸収が出来るようになっています。

小腸の働き

小腸の働きは食物の消化と吸収です。 栄養素の約90%は小腸で吸収されています。
小腸は大腸に比べて動きが早いので、3〜5時間ほどで消化・吸収の仕事を終え、残りの内容物は大腸へ送られます。

腸液のはたらき
小腸からは1日に約2.4L程度のアルカリ性の分泌液がでてきます。
これは、胃からの酸性の内容物によって腸が傷つかないように中和して腸を保護するはたらきがあります。
また、腸液内には消化酵素が含まれており、栄養素を分解して腸からの栄養の吸収を助けています。