胆嚢の構造と働き

胆嚢の構造

胆嚢の構造

胆嚢は直径10cm程のなす型をしており、容量はだいたい50ml程度です。

胆嚢の働き

胆嚢は、肝臓で作られた胆汁を貯蔵して濃縮しています。
胆汁は1日に500〜1000ml分泌されています。
肝臓で作られた胆汁は、胆嚢でだいたい5〜10倍濃縮されます。

胆嚢の収縮
胆嚢の収縮は十二指腸から分泌されるホルモンであるコレシストキニン―パンクレオザイミンによって起こります。

まず、十二指腸に食物(特に脂肪)が運ばれてくると、これが刺激となって十二指腸からコレシストキニン―パンクレオザイミンが分泌されます。
このホルモンの作用で、胆嚢が収縮し胆嚢の出口が開いて胆汁が排出されます。

胆汁について
胆汁の組成
胆汁は、ほとんど(90%前後)が水分で、その他、胆汁酸・ビリルビン・コレステロールなどが含まれています。

ちなみに胆汁には消化酵素は含まれていません。
色は黄〜黄緑色をしています。
この色は、胆汁色素である、ビリルビンと、ビリベルジンによるものです。

胆汁の働き
胆汁は脂肪の消化・吸収に重要な役割を果たしています。
これは主に胆汁酸によるものです。

胆汁酸は脂肪を乳化させ消化酵素が働きやすいようにしています。
また脂溶性ビタミンの吸収を助ける作用があります。
胆汁酸の大部分は小腸で再吸収されて肝臓に運ばれて再利用されます。

胆汁の流れ
胆汁は肝臓で作られたのち、肝管を通り、胆嚢で濃縮され、総胆管を通り、膵管と合流して十二指腸から分泌されます。