乳がん

乳がんについて

乳がんは、女性のがんにおける死亡順位で第5位に位置しており、増加傾向にあります。

乳がんは、乳腺を構成している乳管や小葉の内腔表面から発生します。
乳管にできたがんを、乳管がんと呼び、乳がんの約9割を占めています。
小葉にできたがんを、小葉がんと呼び、乳がんの約1割を占めています。

※乳管と小葉について
乳房は、乳汁を作る乳腺細胞が集まって腺房をつくり、この腺房が集まって小葉を形成しています。
この小葉から分泌された乳汁は、乳管を通って乳頭から分泌されます。

乳がんの症状

乳がんの症状は、主に下記のようなものがあります。

1)乳房のしこり
乳がんが5mm〜1cmくらいになると、しこりとして感じるようになります。
乳がんのしこりの多くは、硬く、表面が少しでこぼこしている感じで、初期の場合は痛みを伴いません。
2)わきの下のしこり
乳房の近くにある、わきの下のリンパ節にがんが転移すると、リンパ節が腫れてしこりとして感じることがあります。
わきの下以外に、鎖骨の上下にあるリンパ節や、胸骨の近くにあるリンパ節も、乳がんが転移しやすい場所です。
3)乳頭からの分泌物
血液の混ざった乳頭分泌物が出ることがあります。
4)乳房や乳頭の形の変化(くぼみ・乳頭陥没など)
乳がんによる乳房や乳頭の形の変化は、がんの発生によって皮膚が内側に引っ張られるために起こるものです。
そのため、これが乳房のところで起これば乳房にくぼみができたり、左右不対象な形になりますし、乳頭部の下にがんが発生すれば乳頭がへこむ(陥没)することもあります。
5)乳頭部のただれ
これは、乳頭部に発生するがんの、パジェット病にみられる症状です。
この場合、しこりはみられませんが、乳頭部がただれたりします。

乳がんの危険因子

以下にあてはまる方は、乳がんになる可能性がほかの該当しない方に比べて統計的に高いとされています。

  1. 母親または、姉妹に乳がんに罹った方がいる
  2. 初潮年齢が早い方
  3. 閉経年齢が遅い方
  4. 第一子の出産年齢が遅い方
  5. 子供がいらっしゃらない方
  6. 高カロリー、高脂肪食の食事が多い肥満ぎみの方 など

乳がんの検査

乳がんを発見するための検査は、主に下記のようなものがあります。

触診、視診
乳房の形状の変化やしこりの有無を、目で見て確認したり、手で触れて調べます。

マンモグラフィー
乳房を器具で挟んで平たくし、X線撮影する検査です。
この検査では、触診では発見できない小さい腫瘍も発見可能です。

超音波検査
人の耳には聞こえない高い音(超音波)を用いて、乳房に異常があるかを調べる検査です。

分泌物検査
乳頭からの分泌物を採取して、その分泌物内の腫瘍マーカー(CEA)濃度を測定する検査です。

乳がんのステージ

0期
乳がんが発生した小葉又は、乳管内にとどまっている早期の乳がん

T期
しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節に転移をしていないもの(乳房の外にがんが拡がっていないもの)

U期
しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節への転移が疑われる、若しくは、わきの下のリンパ節への転移の有無に関係なく、がんの大きさが2〜5cmあるもの。

Va期
しこりの大きさが2cm以下で、わきの下のリンパ節に転移があり、がんとリンパ節がしっかりと癒着していたり、周辺組織にがんが固定されている、又は、わきの下のリンパ節への転移がなく、内胸リンパ節が腫れていたり、しこりの大きさが5cm以上で、わきの下のリンパ節、内胸リンパ節への転移があるもの。

Vb期
しこりの大きさやわきの下のリンパ節への転移の有無に関わらず、しこりが胸壁に固定されていたり、皮膚からしこりが顔を出していたり、皮膚がただれていたり、むくんだりしているもの。
あるいは、わきの下のリンパ節と内胸リンパ節の両方に転移があるか、鎖骨の上下にあるリンパ節にがんが転移しているもの。

W期
肺・肝臓・骨・脳など、遠隔臓器に転移しているもの。

自己検診のススメ

乳がんは自分で早期発見することが出来るがんの1つです。
月に一回は、ご自分で両方の乳房を丁寧に観察しましょう。

自己検診の仕方
閉経前のヒトは、生理が終わってから4〜5日後に、閉経後のヒトは、毎月一定の日に行ないます。

鏡の前で、ご自分の乳房の外観を観察し、皮膚の異常や乳頭部の変化、左右の大きさの変化などを注意深く観察したあと、乳房を触ってみて、しこりがないかをチェックします。