食道がん

食道がんについて

食道がんは、女性よりも男性に多く、又、アルコールを多く飲む習慣のある地域ほど罹患率が高い傾向にあります。

食道がんの症状

食道がんの初期症状では、何の症状も示さないことが多いですが、以下の症状があらわれることもあります。

1)食べ物を食べたときに、つかえやしみる感じがする
食道がんの初期ですと、熱いものを食べたときにしみるような感じがしたり、がんが少し大きくなると、食道の内腔ががん細胞の増殖により狭くなるので、食べ物を飲み込むときにつかえる感じがするようになります。

2)嘔吐
食道がんがおおきくなり、食道を塞ぐくらいになると、食べ物や飲み物が飲み込みにくくなり、吐いてしまうことがあります。

3)咳、血痰
食道がんが進行して気管や肺にまで達すると、それらを刺激して咳や血痰が出ることがあります。

4)胸痛
食道がんが進行して背骨や肺にまで達すると、胸の痛みや背中の痛みが出ることがあります。

5)嗄声(させい)
嗄声とは、声枯れのことです。
食道のすぐ横には、声帯の動きを調節している神経があるため、食道がんが進行してそれらの神経を侵してしまうと嗄声が起こることがあります。

6)体重減少
食事がとれなくなるので体重が減少します。

食道がんの危険因子

食道がんを引き起こす危険因子は色々ありますが、主に下記のようなものがあります。

1)たばこ
タバコに含まれる有害物質により食道粘膜が刺激され、食道がんになる可能性が高まります。
2)飲酒
アルコールを過度にとると、食道粘膜を傷つけることにより食道がんになる可能性が高まります。
また、アルコールの弱いヒトのほうが強いヒトよりも食道がんになる可能性は高まります。
3)熱い飲み物
熱い飲み物も、食道粘膜を傷つけるので食道がんになるリスクは高まります。
4)バレット食道
バレット食道とは、胃液の逆流によって食道の粘膜が障害をうけ、再生と障害が長い間繰り返されていくうちに、食道の粘膜が胃の粘膜ににた構造のものになってしまうことがあります。
これをバレット食道といいます。
このバレット食道は、食道がんになる可能性が高い状態です。

食道がんの検査

食道がんを見つけるための検査は、主に以下のようなものがあります。

上部消化管造影検査
発泡剤と呼ばれる胃を膨らませる薬を飲んで胃を膨らませ、バリウムを飲んで 食道や胃、十二指腸をX線で撮影する検査です。

胃内視鏡検査(胃カメラ)
これは、先端にレンズのついた太さ約1cm程の細い管を口から飲んで、 食道や胃、十二指腸を直接みる検査です。
検査時に胃などの組織に肉眼的に異常(ポリープや癌の可能性がある組織など) があった場合は、専用の器具で組織を少しつまんで採取して、顕微鏡で悪性であるかどうかを調べます。

また、食道にヨウ素(ルゴール液)を散布すると、食道の正常な粘膜は茶褐色に染まりますが、がん細胞は白くぬけた感じになります。
見た感じには分からない小さながん細胞は、このヨウ素を使って発見することがあります。

超音波内視鏡検査
内視鏡の先端に超音波装置がついたもので、通常の内視鏡だと表面しか分かりませんが、この超音波内視鏡検査ですと、食道にあるがんがどの程度まで浸潤しているかを調べることが出来ます。

CT
X線を用いて各組織の放射線の吸収の違いを利用して、コンピュータで体の輪切り画像を映し出します。
これによって、食道がんや転移の有無を調べます。

食道がんのステージ

0期
がんが粘膜に留まっており、リンパ節や胸膜・腹膜、その他の臓器にがんの転移がないもの

T期
がんが粘膜に留まっているが、近くのリンパ節にがんの転移がある、若しくは、がんが粘膜下層まで浸潤しているが、リンパ節や胸膜・腹膜、その他の臓器にがんの転移がないもの

U期
がんが固有筋層より深く達しているが、リンパ節転移や周辺臓器へのがんの転移がないもの、若しくは、がんが粘膜層から固有筋層の間にあるものの、近くのリンパ節に転移を認めるもの

V期
がんが食道壁を貫きリンパ節に転移はあるが、臓器や胸膜・腹膜にがんの転移を認めないもの

W期
がんが、他の臓器や胸膜・腹膜、がんから離れたリンパ節にがんの転移を認めるもの