前立腺がん

前立腺がんについて

前立腺がんによる死亡率は、欧米と比べると日本は少ないですが、近年、食の欧米化に伴って、増加傾向にあります。

前立腺とは?
前立腺とは、くりの実のような形をした重さが20g程のものです。
膀胱の下あたりに存在し、精子の運動を活発にさせる液体を分泌し、精液の一部となります。

前立腺がんの症状

前立腺がんの初期では、何の症状も示さないことが多いです。

ある程度がんが大きくなると、尿道を圧迫して、尿が出にくい・頻尿・残尿感などの症状が出てくることがあり、また、がんが膀胱にまで浸潤すると、血尿が出ることがあります。

前立腺がんの危険因子

前立腺がんになる原因はよくわかっていませんが、動物性脂肪を多く摂取することにより前立腺がんになる可能性が高まります。

前立腺がんの検査

前立腺がんを発見するための検査は、主に下記のようなものがあります。

直腸指診
肛門から指を入れ、直腸から前立腺の大きさや硬さ、表面の凹凸の有無を調べます。
経直腸的超音波検査(TRUS)
プローブと呼ばれる細い器具を肛門から挿入して、直腸を通して超音波で前立腺の形状を検査します。
前立腺特異抗原(PSA)
血液中のPSAの量を調べる検査です。
健常な方でもPSAは血液中に存在しますが、微量な量です。
前立腺がんの多くは、このPSA値が上昇します。
このPSA値は前立腺がんのほかにも、前立腺肥大や前立腺炎でも高値を示すことがあります。
このPSAは、採血のみで検査が可能である、前立腺がんで高頻度で高値を示すので、前立腺がんの検診項目としても用いられています。
CT
X線を用いて各組織の放射線の吸収の違いを利用して、コンピュータで体の輪切り画像を映し出します。
これによって、前立腺がんや転移の有無を調べます。

前立腺がんのステージ

stage A
前立腺肥大の手術で切除した細胞から、偶然がん細胞が発見されたもの。

stage B
がんが、前立腺内に限局しているもの。

stage C
がんが、前立腺被膜を越えて拡がっているが、転移がみられない、もしくは、精嚢までのがんの広がりまでのもの。

stage D
がんが、リンパ節転移や遠隔臓器に転移が認められるもの。