ものもらい

ものもらいとは

まぶたに小さな腫れてができて、痛みや痒みを伴う病気で、地方によっては「めばちこ」と呼ぶところもあります。

ものもらいは、主に麦粒腫と霰粒腫の2つの病気を総称した呼び名です。

麦粒腫(ばくりゅうしゅ)とは、まぶたにある分泌腺に細菌が感染して、炎症を起こしたものです。
炎症を起こしているため、痛みや痒みがあります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)とは、まぶたにあるマイボーム腺と呼ばれる脂肪の腺が詰まることにより慢性的な炎症が起こり、肉芽腫と呼ばれるできものができた状態です。
触るとコリコリとした感じで、一般的に痛みはありません。

※肉芽腫(にくがしゅ)
慢性的な炎症によってできる腫瘤のことです。

ものもらいの原因

ものもらいの原因は細菌感染や分泌腺が詰まることによって起こるものですので、目の周りを不衛生にしていると起こりやすくなります。

また、汚れた手で目をこすったり、汚れたコンタクトレンズを使用するのもものもらいを引き起こす原因となります。

ものもらいの症状

一般的に、麦粒腫(ばくりゅうしゅ)の場合は、細菌感染による炎症ですので、まぶたが赤く腫れたり、まばたき時の違和感、まばたきをしたときやまぶたを触ると痛みがあったり痒みがあったりします。

また、赤く腫れた中に白くポツンと膿がたまることもあります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ)の場合は、コリコリとしたしこりができますが、一般的に痛みやかゆみがありません。
但し、細菌が感染して炎症が起こると、痛みや痒みを伴います。

ものもらいの治療法

麦粒腫(ばくりゅうしゅ) の治療
ブドウ球菌などの細菌感染によるものが多いので、抗生物質の点眼薬を使用したり、症状が重い場合は、抗生物質の内服薬で治療をします。

膿がたまって大きくなってしまった場合は、必要に応じてまぶたを少し切って膿をだすこともあります。

霰粒腫(さんりゅうしゅ) の治療
腫瘤が小さい場合は自然によくることがあります。
大きくて自然によくなるのが期待できない場合は、ステロイドを局部に注射したり、手術をして腫瘤を取り出す治療をします。

こんなヒトは要注意

  1. アイメイクやアイラインが濃い
  2. コンタクトレンズの手入れが悪い
  3. 前髪が目にかかっっている
  4. 頻繁にまぶたをいじったり、こすったりする

上記にあてはまる項目がある場合は、分泌腺をつまらせたり、細菌が繁殖してものもらいを引き起こしやすいので注意しましょう。

ものもらいを予防するための日常生活の注意点

@女性のアイメイクやアイラインについて
女性の化粧でアイメイクやアイラインをする場合、分泌腺の出口が化粧によってふさがれてしまうことがあります。
そのため、あまり濃く化粧をしないように心がけ、あまり目のふちギリギリまで化粧をしない、ものもらいになったことがある場合は、なるべくアイメイクやアイラインは控えた方が良いでしょう。
A夏場にご注意
夏場は汗をかきやすく、分泌腺周囲も不衛生になりがちとなります。
汗はこまめにタオルなどで拭き、しっかりと洗顔して目のまわりを清潔に保ちましょう。
Bストレスや疲れをためない
これは他の病気にも当てはまりますが、ストレスや疲労によって体内の免疫力が下がり、ものもらいを引き起こしやすくなります。
また、香辛料やアルコールの過剰摂取もものもらいを引き起こしやすくしますので注意しましょう。
C前髪は目にかからないようにしましょう
髪は毎日洗っていても、多くの細菌が付着しています。
そのため、髪が目にかかるくらいの長さだと、目にはいり、これが原因でものもらいを起こすことがありますので、なるべく前髪は目にかからないように短くしましょう。
Dコンタクトはしっかり洗浄
コンタクトレンズは直接目に入るものです。
コンタクトレンズが不衛生だとそれが原因でものもらいもできやすくなってしまいます。
ものもらいを起こさないためにも、日頃のお手入れはしっかりと行いましょう。
E汚い手で目をこすらない
当然のことですが、汚い手で目をこすれば手に付いた細菌が目やまぶたに付着してものもらいを起こしやすくしますので、特に小さなお子さんの場合は、いろいろなものをさわった手で目をこすることがありますので注意が必要です。