緑内障

緑内障は、治療することが可能な病気です。
しかし、緑内障自体を治療することは可能ですが、いったん障害をうけた視神経を元通りにすることはできず、この視神経の障害によって起こる目の機能を回復させることは困難です。
そのため、緑内障は早期発見・早期治療がとても大切です。

緑内障の治療

1)正常眼圧緑内障
点眼薬
正常眼圧緑内障の場合、主に房水の排出量を増やす、または房水の産生を抑制する働きのある点眼薬で眼圧を下げる治療が行われます。
これでも効果が不十分な場合は、レーザー治療や手術が行われます。
正常眼圧緑内障では、視神経が障害され、萎縮してしまっており、進行を遅らせるもしくは止めることはできても、目の機能を回復させることはできません。

正常眼圧なのにどうして眼圧を下げる必要があるのか?と思われる方もいると思いますが、上記でも述べたように、視神経の障害を受ける圧力には個人差があります。
そのため、この正常眼圧緑内障の方の場合は、視神経が一般の方よりも弱い圧力で障害を受けてしまうので、眼圧が正常範囲でも下げる必要があります。

2)先天緑内障
手術
先天緑内障の場合、隅角の発育以上が原因のことが多く、手術により改善が可能なことが多いため、手術が第一選択とされる場合が多く、手術で房水の排泄口を作ります。

3)続発緑内障
この場合は、それぞれの原因疾患の治療を行ない、緑内障が開放隅角型か閉塞隅角型かによって治療法を選択します。

4)閉塞隅角緑内障
点眼薬
主に房水の排出量を増やす、または房水の産生を抑制する働きのある点眼薬で眼圧を下げる治療が行われます。
閉塞隅角緑内障の場合、点眼薬で眼圧を下げたあとにレーザー治療等が行われます。

レーザー治療

レーザー虹彩切開術
レーザーで虹彩に小さな穴をあけ、房水が排出されるための通り道をつくる治療です。

5)開放隅角緑内障
点眼薬
開放隅角緑内障の治療の基本は、主に房水の排出量を増やす、または房水の産生を抑制する働きのある点眼薬で眼圧を下げる治療になります。
点眼薬により、眼圧がうまく下がらない場合は、手術やレーザー治療が行われます。

レーザー治療

レーザー線維柱帯形成術
この治療は、房水をろ過する役目のあるにレーザーをあてて、所々に穴をあけて、房水の流れをよくするものです。

手術

線維柱帯切開術
房水を排泄するシュレム管の内側の壁を切開して、房水の流れをよくするものです。
線維柱帯切除術
別名、濾過手術とも呼ばれています。
線維柱帯を一部分切除して、防水の出口を別に作る手術です。

手術後の注意点

手術後に一番注意しなければならないのが、感染症です。
そのため、手は清潔にしておき、1〜2週間くらいは洗顔は拭く程度にし、洗髪は美容院のように仰向けに行うようにしましょう。

また、目への衝撃も厳禁です。
強く打ち付けたり、激しい運動は避けましょう。

日常的な家事は翌日から可能です。
テレビや読書なども翌日から可能ですが、疲れない程度にしましょう。
又、車の運転は、目が見えにくいことがありますので、医師に相談してください。
飲酒や喫煙は目によくありません。
禁煙・禁酒をしましょう。

手術後の合併症について
頻度としては、とても低いですが、ゼロではありません。

1) 低眼圧
眼圧が下がりすぎて、見えにくくなることがあります。
これは房水が流れすぎてしまうためで、この場合、手術をしなおして房水の流れを調整したり、その他の方法で処置をします。
2) 眼圧の再上昇
術後数ヶ月から数年で再び眼圧が上昇することがあります。
この場合、点眼薬を増やしたり、もう一度手術をする場合があります。
3) 感染症
手術中もしくは手術後に細菌感染によって眼球内が炎症を起こしてしまい、最悪の場合、失明してしまう可能性があります。
4) 白内障の進行
緑内障の手術をしたあとに、白内障が進行することがあります。
視力に影響が出る場合は、手術をすることがあります。
5) 出血
白目や眼内に出血することがありますが、1週間程度で吸収されます。
出血のなかでも極めて稀ですが、駆出性(くしゅつせい)出血と呼ばれるものがあります。
これは、手術中に起こる脈絡膜からの出血で、これが起こってしまうと視力が悪化してしまう場合があります。

緑内障の予防

緑内障を防ぐためには、早期発見・早期治療が不可欠です。
特に40歳を過ぎると緑内障に罹る割合が増加します。 ですので、40歳を過ぎたら1〜3年に1回は眼科で検査を行いましょう。