クラミジア感染症

クラミジア感染症とは

クラミジア トラコマティスによって起こる感染症です。
感染は、主に性行為によって起こります。
新生児の感染の場合は、母親からの産道感染です。

この性器クラミジアはSTD(性感染症)のなかでもっとも多い感染症で、性的活動が活発な若年層の女性に多いです。

クラミジア感染症の症状

クラミジア感染症の症状は、潜伏期1〜3週間を経て症状があらわれます。

男性の場合は、尿道炎がもっとも多い症状としてあらわれます。
自覚症状としては、排尿痛・尿道からの分泌物などがあります。
また他には精巣上体炎があります。
若年層の精巣上体炎の原因の多くがクラミジア感染によるものです。

女性の場合は、無症状のことが多く、このため、治療をしなかったり、遅れてしまったりするため、その結果、パートナーに感染したり、産道を介して新生児に感染してしまうので注意が必要です。
症状がある場合は、おりものの増加・性交痛などがあり、不妊の原因にもなることがあります。

クラミジア感染症の治療と予防法

クラミジアの治療には、抗菌薬が用いられます。
クラミジアなどの性感染症は、男女がお互いに感染させてしまうため、両者同時に治療を行うことが必要です。

予防は、性行為時にコンドームを使用したり、また、当たり前のことですが、感染の疑いのある相手とは、性行為を避けることが必要です。