淋菌感染症

淋菌感染症とは

淋菌(Neisseria gonorroeae)によって起こる尿道や子宮、 直腸、咽頭などの感染症です。

感染は、主に性交やその類似行為で起こります。

淋菌感染症の症状

男性の場合は淋菌に感染すると、潜伏期間2〜7日後くらいから、症状が現れ始めます。
症状は、排尿時違和感、排尿痛、陰茎からの排膿などです。

女性の場合は、淋菌に感染しても症状が現れないか、現れても軽いことが多いです。
そのため、感染していることに気づかずに、パートナーに感染して しまい、感染が広がってしまいます。
症状は、排尿時違和感、排尿痛などです。

淋菌に感染したパートナーと直腸性交を行うことによって、直腸や肛門周囲に感染すれば、直腸炎、肛門周囲の痒みなど、また口腔性交を行うことによって 咽頭炎などが起こります。

淋菌感染症の治療と予防法

淋菌の治療では、抗菌薬が用いられます。

予防法は、まず淋菌に感染している又は、感染している可能性のあるパートナーとは性交あるいは性交類似行為を避ける、性交時にはコンドームを使用することが必要です。