おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)

原因ウイルス

ムンプスウイルス(Mumps virus)が原因で起こります。

潜伏期間

2〜3週間

※潜伏期間とは
潜伏期とは、体内に病原体が入り込んで、何らかの症状がでる(発病)までの期間です。

おたふくかぜの症状

すべてのに症状が出るわけではなく、30〜40%は不顕性感染です。

症状は、唾液腺の腫脹(腫れ)や痛み、発熱、嚥下痛(ものを飲み込むときに痛みがある)が主な症状で、通常1〜2週間で治ります。

唾液腺の腫脹は、両側あるいは片側の耳下腺にみられることがもっとも多いですが、舌下腺や顎下腺にも起こることがあります。
嚥下痛は特に、柑橘系などの酸味が強いものを食べたり飲んだりすると強く出ます。
唾液腺の腫脹は2〜3日でピークに達し、7〜10日で治癒します。

合併症について
合併症として、無菌性髄膜炎や睾丸炎・卵巣炎、難聴などがあります。
無菌性髄膜炎では発熱・頭痛・嘔吐などの症状があらわれます。

睾丸炎は、思春期以降の3割程度にみられ、通常は片側のみで、腫れや痛みが起こります。
よく不妊になるといわれますが、不妊になるのは稀です。
卵巣炎は、思春期以降の1割程度にみられ、下腹部痛が起こります。 難聴は通常、片側のみに起こり突然発症します。

用語解説

不顕性感染
病原体に感染しても症状が現れずに知らない間に治癒してしまうもの
唾液腺
唾液を分泌する腺の総称で、大唾液腺と小唾液腺に分けられ、大唾液腺には顎下腺・舌下腺・耳下腺があります。
小唾液腺には、口唇腺・頬腺・臼歯腺・口蓋腺・前舌腺・後舌腺があります。

好発年齢

幼児・学童・生徒

※好発年齢とは
その病気に罹りやすい年齢のことです。

罹りやすい季節

一年中

感染経路

接触または飛沫感染

※飛沫感染(ひまつかんせん)
飛沫感染とは、ウィルスや細菌がくしゃみや咳などで唾液や体液などにつつまれて空気中にとびだして 周囲のヒトに感染させることです。

おたふくかぜの検査

抗体検査
ムンプスウイルスに対する抗体が上昇しているかどうかを見る検査です。
血中および尿中アミラーゼ検査
耳下腺に炎症が起こることにより、血中および尿中のアミラーゼの量が増加します。
ウイルス分離検査
唾液中にムンプスウイルスが存在するかどうかを調べます。

おたふくかぜの治療

対症療法が中心となります。

※対症療法とは
例えば、風邪を引き起こしている原因菌に対しては特に治療はせず、鼻水や咳などの症状に対して薬で緩和する。

このように、対症療法とは、病気そのものの治療は行わず、病気によってあらわれる症状に対して治療を行うものです。

おたふくかぜの予防

しっかりと予防接種をうけましょう。
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)を予防するワクチンについてはおたふくかぜワクチンをご覧下さい。