AST・ALT

AST(GOT)について

この検査では、肝疾患・骨格筋疾患・心疾患の有無を調べています。
ASTは生体内でアミノ酸の一種、グルタミン酸を生成するのに必要な酵素です。
ASTはほとんどすべての組織の存在していますが、特に、肝臓・心臓・骨格筋に多く存在しています。

この酵素は逸脱酵素ですので、組織の障害があると血液中にでてきます。
そのため、ASTを多量に含んでいる臓器(肝臓・心臓・骨格筋など)が障害を受けると血液中の値は上昇します。

骨格筋・心疾患の場合は、AST値がALT値よりもかなり高値を示す場合が多いです。
肝疾患においては、AST<ALTの場合は、急性肝炎や慢性肝炎・脂肪肝が疑われます。

AST>ALTでは、急性肝炎の極期・肝硬変・肝癌などが疑われます。
また、赤血球中にもある程度存在していますので、溶血性貧血などの溶血性疾患などでも値は上昇します。

主な疾患
高値
・肝炎 ・肝硬変 ・肝癌 ・脂肪肝 ・心筋梗塞 ・多発性筋炎 ・溶血性貧血 など

ALT(GPT)について

この検査では、肝疾患の有無を調べています。
ALTはAST同様、生体内でアミノ酸の一種、グルタミン酸を生成するのに必要な酵素です。
この酵素は逸脱酵素ですので、組織の障害があると血液中にでてきます。

ALTはASTと違い、肝臓に多く含まれているため、臓器特異性が高いので、肝疾患の指標に用いられています。
そのため、この酵素値が高いと、肝臓が障害を受けている可能性があると考えられます。

AST<ALTの場合は、急性肝炎や慢性肝炎・脂肪肝が疑われます。
AST>ALTでは、急性肝炎の極期・肝硬変・肝癌などが疑われます。

主な疾患
高値
・肝炎 ・肝硬変 ・肝癌 ・脂肪肝 など