梅毒検査

梅毒検査とは

梅毒検査には、脂質抗原を用いる方法と、トレポネーマ(梅毒の原因菌)を用いる方法があります。

@脂質抗原を用いる検査(STS)・・・ガラス板法、緒方法、RPR法など
トレポネーマ(梅毒の原因菌)抗原を使用せず、脂質抗原(カルジオライピン・コレステリン)に対する抗体の有無を調べます。
カルジオライピン・レシチンに対する抗体は健常者でも微量ながら保有していますが、梅毒に感染するとトレポネーマ中のカルジオライピンン・レシチンに対する抗体が作られるために高値(陽性)を示します。

脂質抗原を用いる検査の場合は、梅毒感染後約3〜6週間で抗体がつくられ、検査で陽性を示すようになります。

生物学的疑陽性(BFP)について
梅毒に感染していないにもかかわらず、梅毒以外の病気などによって検査が陽性を示す場合を、生物学的疑陽性(BFP)といいます。
代表的なものに、慢性関節リウマチ・全身性エリテマトーデス・ウイルス感染症、また病気ではありませんが妊娠時にも陽性を示すことがあります。

Aトレポネーマ(梅毒の原因菌)を用いる検査・・・TPHA法、FTA-ABS法
トレポネーマ(梅毒の原因菌)抗原を用いて、それに対する抗体が存在するかを調べます。
TPHA法は手技が簡便でスクリーニング検査に適しており、FTAーABS法は手技が煩雑ですが、TPHAよりも鋭敏なため、最終的な確認や疑陽性を疑う場合などに用いられます。

TPHA法の場合は、梅毒感染後約3ヶ月で抗体がつくられ、検査で陽性を示すようになります。

梅毒検査をする目的

梅毒の感染を疑う時や、内視鏡検査・手術・輸血などを行う際のスクリーニング検査として用いられます。

検査結果の見方

梅毒検査は一般的に、STSとTPHAの2種類の検査を実施してその結果から判断します。
STSは感染早期から陽性を示すため、早期診断や治癒後は陰性を示すため治療効果の判定に用いられ、TPHAは菌体成分を抗原として検査するためSTSに比べて疑陽性が少ないので感染の有無の確認として検査します。

1) STS(―) TPHA(―)
梅毒に感染していない、若しくは感染早期
2) STS(+) TPHA(―)
梅毒感染初期、若しくは疑陽性反応
3) STS(+) TPHA(+)
梅毒感染
4) STS(―) TPHA(+)
治癒後の梅毒