CK(CPK)

CK(CPK)とは

CK(クレアチンキナーゼ)は、CPK(クレアチンホスホキナーゼ)とも呼ばれることがあります。
CK(CPK)は、主に骨格筋・心筋・平滑筋・脳に多く存在し、筋肉でのエネルギー代謝に関わっている酵素です。

CK(CPK)にはアイソザイムと呼ばれる、CK-MM・CK-MB・CK-BBの3種類のアイソザイムが存在します。
CK(CPK)が高い場合、このアイソザイムを調べて病気の診断に用いることがあります。

CK-MM
骨格筋に多く含まれ、筋性疾患(筋ジストロフィー・多発性筋炎・皮膚筋炎 など)や甲状腺機能低下症などで高値を示します。
尚、通常時のCKの大半は、このCK-MMになります。

CK-MB
心筋に多く含まれ、心疾患(心筋梗塞・心筋炎 など)で高値を示します。

CK-BB
脳に多く含まれ、脳疾患(脳血管障害・脳外傷 など)や悪性腫瘍 などで高値を示します。

※上記でも記したようにこのCKは筋肉に多く存在しますので、運動後や筋肉注射など、筋肉が壊れると上昇し、その影響は2〜3日続きますので、検査前は注意が必要です。
あと、子供が採血する際に暴れたりしても上昇してしまいます。
又、性差があり筋肉量の多い男性の方が女性よりも高値を示します。

CK(CPK)を検査する目的

1)筋疾患や心疾患を疑うとき
2)脳の損傷が疑われるとき

異常値を示す疾患

高値を示す場合

骨格筋疾患
筋ジストロフィー、多発性筋炎、皮膚筋炎、筋萎縮性側索硬化症、外傷 など
心疾患
心筋梗塞、心筋炎、心膜炎 など
中枢神経疾患
脳梗塞、脳血栓、脳損傷 など
その他
悪性腫瘍(胃がん・肺がん・大腸がん・前立腺がんなど)、甲状腺機能低下症 など