検査のお話

全般

貧血検査
ここでは貧血検査として用いられる、血清鉄・フェリチン・トランスフェリン・TIBC・UIBCについて解説しております。
血球検査
ここでは血球検査として用いられる、白血球数・赤血球数・血色素(ヘモグロビン)量・ヘマトクリット値・血小板数について解説しております。
脂質検査
ここでは脂質検査として用いられる、総コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール・中性脂肪について解説しております。
糖代謝検査
ここでは糖代謝検査として用いられる、血糖・HbA1c・フルクトサミンについて解説しております。
腎機能検査
ここでは腎機能検査として用いられる、尿素窒素・クレアチニン・尿酸について解説しております。
梅毒検査
梅毒検査は、梅毒の感染を疑う時や、内視鏡検査・手術・輸血などを行う際のスクリーニング検査として用いられます。
妊娠検査
ここでは妊娠検査として用いられる、尿中hCGについて解説しております。

尿検査一覧

尿潜血
尿潜血は、尿中に潜血があるかどうかを調べる検査で、腎・尿路に炎症や損傷、腫瘍などがあると、尿潜血は陽性を示します。
尿蛋白
尿蛋白は、尿中に蛋白があるかどうかを調べる検査で、主に腎臓に障害があると、尿蛋白は陽性を示します。
尿糖
尿糖は、尿中に糖があるかどうかを調べる検査で、糖尿病のように高血糖状態になると、尿中に糖が排泄されるようになるために、尿糖は陽性を示します。
尿その他
ここでは尿検査(白血球・PH・ケトン体・ウロビリノーゲン・尿比重)ついて解説しております。

酵素検査

AST・ALT
ASTやALTは、主に肝機能検査として用いられています。
ALP
ALP(アルカリフォスファターゼ)は、主に肝、胆道系疾患が疑われるときや、骨疾患が疑われるときに検査します。
γ-GTP
γ-GTPは、主に肝、胆道系疾患を疑うときに行われます。
アミラーゼ
アミラーゼは、膵臓疾患や唾液腺疾患を疑う場合や、それらの経過観察の目的で検査します。
LDH
LDHは、肝疾患や心臓疾患(心筋梗塞など)、溶血性疾患や悪性腫瘍を疑うときに行われます。
CK
CK(クレアチンキナーゼ)は、主に筋疾患や心疾患を疑うときや脳の損傷が疑われるときに行われます。

甲状腺検査

TSH
TSHは、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの甲状腺機能異常を疑う時や甲状腺疾患の治療判定や経過観察の目的で検査します。
FT3
FT3は、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの甲状腺機能異常を疑う時や甲状腺疾患の治療判定や経過観察の目的で検査します。
FT4
FT4は、甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などの甲状腺機能異常を疑う時や甲状腺疾患の治療判定や経過観察の目的で検査します。

その他

BNP
BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)は、心不全の診断、病態把握や治療効果の判定、経過観察のために行います。
CRP
CRPは、炎症性疾患の経過観察や感染症や外傷・炎症性疾患を疑うときのスクリーニング検査として用いられます。
PSA
PSAは、腫瘍マーカーの1つで、前立腺がんを疑う場合や、治療効果の判定や経過観察の目的、また、前立腺がん検診として用いられます。
CEA
CEA(癌胎児性抗原)は、腫瘍マーカーの1つで、大腸がんなどの悪性腫瘍の疑いがあるときや、治療の効果判定や経過観察に用いられます。