LDH(LD)

LDH(LD)とは

LDH(乳酸脱水素酵素)は、細胞内で糖をエネルギーに変える際に必要な酵素で、あらゆる臓器に含まれていますが、特に心臓・肺・腎臓・脳・肝臓・骨格筋・血球(赤血球・白血球)に多く含まれています。

LDHにはアイソザイムと呼ばれる、LDH1〜LDH5の5種類のアイソザイムが存在します。
LDHが高い場合、このアイソザイムを調べて病気の診断に用いることがあります。

LDH1・LDH2は心筋や赤血球、腎臓に多く含まれ、LDH2・LDH3・LDH4は白血球・リンパ球・肺に多く含まれ、LDH5は骨格筋・肝臓に多く含まれているという特徴があり、 それぞれのアイソザイムの特徴から下記のように、ある程度疾患を推定することができます。

LDH1・LDH2が高い場合
腎梗塞・心筋梗塞・溶血性貧血・悪性貧血 など
LDH2・LDH3が高い場合
白血病・悪性リンパ腫・悪性腫瘍・多発性筋炎・皮膚筋炎・筋ジストロフィー・肺梗塞 など
LDH3・LDH4・LDH5が高い場合
転移がん
LDH5が高い場合
肝疾患(急性、慢性肝炎・肝硬変・肝がん)・悪性腫瘍・筋ジストロフィー など

またアイソザイム以外にも、AST(GOT)を測定して、LDH/AST比をだして診断の補助として用いることもあります。

LDH/AST比が高い場合(30以上)
悪性腫瘍や溶血性疾患が疑われます。

LDH/AST比が中等度に高い場合(10〜30)
感染症や肝臓以外の臓器の損傷が疑われます

LDH/AST比が低い場合(10以下)
肝疾患が疑われます

※LDHは激しい運動後や長時間の運動後に高値を示すことがあります。
これは、筋肉が壊れるためで、検査する前は運動は控えましょう。
また、新生児は成人の約2倍ほど高く、乳〜幼児期と成長するにつれ段々と低くなり、思春期以降成人の値へと近づきます。
あと、妊娠(特に妊娠後期)によって上昇します。

LDHを検査する目的

1)肝疾患や心臓疾患(心筋梗塞など)、溶血性疾患や悪性腫瘍を疑うとき
2)アイソザイム測定を行って、LDHが高値になる原因となっている由来臓器を推定するため

異常値を示す疾患

高値を示す場合

肝疾患
急性、慢性肝炎・肝硬変・肝がん など
心疾患
心筋梗塞・心筋炎 など
肺疾患
肺梗塞・肺がん など
腎疾患
腎梗塞 など
骨格筋疾患
筋ジストロフィー・多発性筋炎・皮膚筋炎 など
血液疾患
悪性貧血・溶血性貧血・白血病・悪性リンパ腫 など
その他
上記以外のがん(胃がん、大腸がん、前立腺がん、子宮がんなど)・感染症 など