PSA

PSA(前立腺特異抗原)とは

PSAは、前立腺で作られる酵素で、精液が凝固するのを防いで、精子が動きやすい環境を作り、受精を助ける働きがあります。

PSAは前立腺で作られており、健常者においては、血液中には微量しかありません。
しかし、前立腺がんになると、がん細胞からこのPSAが産生されたり、がん細胞によって前立腺細胞が破壊されることによって血液中の濃度が高くなります。
またPSAは早期のがんでも上昇することから、前立腺がんの腫瘍マーカーとして用いられています。

PSA(前立腺特異抗原)を検査をする目的

前立腺がんを疑う場合や、治療効果の判定や経過観察の目的で行われます。
また、がん検診としてPSAを実施することがあります。

異常値を示す疾患

高値を示す場合
前立腺疾患(前立腺癌 ・前立腺肥大 ・前立腺炎 など)

備考
射精後はPSAが上昇するので、少なくとも2日はあいだをあけて検査するようにしましょう。