脂質検査

総コレステロールについて

検査解説
総コレステロールは、脂肪酸と結合しているコレステロール(エステル型コレステロール)と結合していないコレステロール(遊離型コレステロール)の和です。

健常者の血清中には、エステル型が約70%、遊離型が約30%の比率で存在しています。
総コレステロールが高値を示すと、動脈硬化の危険が高くなると言いますが、必ずしもそうではありません。
総コレステロールが高くても、その中の、HDLコレステロールが高ければ、そんなに気にしなくてもいいからです。

しかし、LDLが高い場合は、要注意です。
また、低すぎるのも危険です。
コレステロールはそもそも、細胞膜を作る材料になったり、ステロイドホルモンの材料になっているので、少ないと、血管がもろくなったりすることがあるからです。
食事から摂取されたコレステロールは小腸から吸収され血中に入りますが、実は、肝臓でも作られています。
カラダの中のコレステロールは食事で摂取される量よりも、肝臓で作られる量の方がはるかに多いです。

主な疾患
高値
・高脂血症 ・甲状腺機能低下症 など

低値
・甲状腺機能亢進症 ・肝機能障害など

HDLコレステロールについて

検査解説
HDLコレステロールとは、HDLリポ蛋白中に含まれるコレステロールのことです。
リポタンパクとは、そもそも脂質はアブラですから、血液中には単独では溶けることができません。
ちょうど、水の中に油を入れると分離してしまうのと同じです。
それを血液に溶け込ませてくれるのが、リポタンパクです。
ですからリポタンパクは、コレステロールを必要とされているところへ運ぶ運搬車みたいなものです。
HDLはコレステロールを血液中から肝臓に運ぶ働きがあるので、別名「善玉コレステロール」と呼ばれています。

主な疾患
低値
・ 高脂血症 ・甲状腺機能低下症 など

LDLコレステロールについて

検査解説
LDLコレステロールとは、LDLリポ蛋白中に含まれるコレステロールのことです。
LDLはコレステロールを肝臓から血液中に運ぶ働きがあります。
LDLコレステロールが多すぎると、血管にコレステロールが付着して、動脈硬化が進行してしまうので、別名「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

主な疾患
高値
・高脂血症 ・甲状腺機能低下症 など  

低値
・甲状腺機能亢進症 ・肝機能障害など

中性脂肪(トリグリセリド)について

検査解説
中性脂肪(トリグリセリド)は、みなさんご存知の皮下脂肪などです。
ですから、体内ではエネルギーとして使われています。
食事の脂肪と呼ばれているもののほとんどが、この中性脂肪です。
コレステロールほどではありませんが、動脈硬化の危険因子となり、また、1000mg/dlを超えるような異常高値では急性膵炎を起こす可能性がありますので注意が必要です。
血液検査をして、血液を試験管にいれしばらく放置しておくと、血液は血清と血球に分離します。
この血清が、中性脂肪が高値だと白く濁ります。(これを乳びと言います)
この項目は、食事の影響をかなり受けるので、血液検査を受ける場合は、早朝空腹時がよいでしょう。

主な疾患
高値
・高脂血症 ・甲状腺機能低下症 ・急性膵炎 など

低値
・甲状腺機能亢進症 ・肝機能障害など