悪性貧血

悪性貧血とは

悪性貧血とは、ビタミンB12が欠乏することによって起こる貧血です。
ビタミンB12が欠乏すると、DNA合成障害が起きるので、その結果、赤血球が作れなくなります。

悪性貧血と聞くと、なんだか重い病気のように聞こえますが、昔はビタミンB12が原因と分からなかったために悪性貧血と命名されました。

悪性貧血の原因

悪性貧血のなる原因は色々とありますが、以下のようなものが挙げられます。

ビタミンB12の摂取不足
ビタミンB12は動物性食品に含まれているので、これは主に、菜食主義の方に多いです。
内因子の欠乏
ビタミンB12の吸収は、胃で作られる内因子と結合して、小腸(回腸)で吸収されます。
ですので、胃の全摘手術をされた方や内因子を攻撃してしまう抗内因子抗体・内因子を分泌する胃壁を攻撃する壁細胞抗体 などがあると、ビタミンB12は不足してしまいます。
吸収不良
吸収不良症候群などのように、小腸での栄養の吸収がうまくできない状態でも起こります。
胃液の酸度低下
胃液の酸度が低下すると、動物性食品のタンパク質を溶かしにくくなり、タンパク質中に存在しているビタミンB12をうまく取り出せなくなるので、結果的に不足してしまいます。これは特に高齢者に多く見られます。

悪性貧血の症状

悪性貧血の症状は、ビタミンB12が欠乏することにより、様々な症状があらわれます。

  1. 貧血症状(たちくらみ・すぐ疲れる・脱力感など)
  2. 神経症状(手足のしびれ・ふるえ・意識障害・うつ状態など)
  3. 消化器症状(舌炎・食欲不振など)

悪性貧血の検査データ

高値を示すもの
尿中ウロビリノゲン ・ LDH ・ フェリチン

低値を示すもの
赤血球数 ・ 白血球数 ・ 血小板数 ・ 網赤血球数

その他
赤血球恒数:大球性
抗内因子抗体、壁細胞抗体陽性
シリング試験陽性

シリング試験とは・・・
少量の放射性ビタミンB12を経口投与し、吸収された量を測定する検査です。