関節リウマチ

関節リウマチ(RA)とは

関節リウマチは、体内の免疫異常により関節が炎症を起こし、関節のこわばりや痛み、腫れが生じ、進行すると関節が変形してしまう病気です。

骨と骨をつなぎ合わせてある部分を関節といいますが、このつなぎ合わせてある部分には関節がスムーズに動くように関節液や軟骨があります。
関節液は、関節を覆うようにして存在する滑膜から分泌されています。

関節リウマチの場合、体内で免疫異常が起こると、滑膜が炎症を起こし、増殖を起こします。
その増殖した滑膜とリンパ系細胞が作用してサイトカインなどの炎症を引き起こす物質を放出し、炎症が悪化して軟骨や骨が破壊されて関節が変形してきます。

関節リウマチは、30〜50代の女性に多く、原因ははっきりとは分かっていませんが、遺伝的な要因にウイルスなどの感染が原因で起こると考えられています。

関節リウマチ(RA)の症状

関節リウマチは、関節症状が主ですが、関節以外にもさまざな症状が現われます。

関節症状

朝のこわばり
朝起きて手足の関節が動かしづらい状態がしばらくのあいだ続くことがあります。
関節リウマチの状態が悪くなると、朝のこわばりの時間も長くなる傾向があります。
この朝のこわばりは、関節リウマチに特徴的な症状の1つです。
関節の腫れ、変形
関節リウマチの関節症状は、指・手関節・肘・膝・足関節などに痛みや腫れが徐々に現われます。
関節の炎症が長く続くと、関節にある軟骨や骨が壊されて変形が起き、変形が進むと動かせる範囲が狭くなります。
特に手指の関節の変形を尺側偏位(しゃくそくへんい)といい、人差し指から小指が、小指側を向く変形で、関節リウマチに特徴的な症状です。
関節リウマチでは、これらの関節症状は左右対称性にみられることが多いのも特徴の1つです。

関節外症状
全身症状として、だるさや微熱、疲労感、食欲の低下などが診られることがあります。
また、リウマトイド結節と呼ばれる、肘や膝、手首など外部から圧迫刺激を受けやすい部分に、しこりができることがあります。
通常、このしこりは痛みやかゆみはありません。

その他に、間質性肺炎などの肺の炎症やリウマトイド血管炎と呼ばれる血管が炎症を起こして、心筋炎や胸膜炎、腸閉塞など様々な症状を引き起こすことがあります。

関節リウマチ(RA)の治療法

関節リウマチの治療法には、大きく分けて薬による治療・手術による治療・リハビリによる治療があります。
これらの治療を組み合わせて、その人の状態にあった最適な治療が行われます。

薬による治療
1)消炎鎮痛薬
炎症を引き起こす物質の産生を抑えて、関節の痛みや腫れを和らげる薬です。
この薬には病気自体の進行を抑える働きはなく、また、副作用によって胃潰瘍や腎機能の低下を引き起こすことがあります。

主な薬剤
ロキソニン・モービック・ハイペン・セレコックスなど

2)抗リウマチ薬
関節リウマチを引き起こしている原因の免疫異常を改善する薬です。
この薬は、病気自体の進行を抑える働きがありますが、遅効性で効果が発揮するまでに1ヶ月から半年程度かかる場合があります。

主な薬剤
リマチル・リウマトレックス・シオゾール・アザルフィジン・アザバ・プログラフなど

3)ステロイド
ステロイド剤は、炎症を抑える働きが強く、痛みや腫れなどの症状に効果を発揮します。
しかし、長期間服用することで感染症にかかりやすくなったり、骨粗鬆症や糖尿病を引き起こすことがあるため、関節リウマチの活動期などに抗リウマチ薬と併用して少量を補助的を用います。

主な薬剤
プレドニン・デカドロンなど

4)生物学的製剤
生物学的製剤とは、科学的に作られたものではなく、生物がつくるたんぱく質を利用して作られた薬です。
生物学的製剤により、炎症を引き起こす物質の働きを抑え、関節の変形や破壊を抑える効果があります。

抗リウマチ薬の効果が不十分な場合に用いられることが多く、薬が高価であること・感染症に注意が必要なことがデメリットとしてあげられます。

主な薬剤
エンブレル・レミケード・ヒュミラ・アクテムラ

手術による治療
1)滑膜切開術
痛みの原因となっている炎症を起こしている滑膜を取り除く手術です。
この治療によって関節の腫れや痛みは軽くなりますが、関節の動きは改善しません。
また、この治療では再発の可能性があることと、関節の破壊が進んでいる場合には効果があまり期待できません。

2)関節固定術
その名のとおり、関節を固定する手術です。
主に手関節・足関節・指関節・頚椎で行われ、可動性は失われますが、痛みを和らげ、関節の安定性を得ることが出来ます。

3)人工関節置換術
炎症によって壊された関節を人工関節に変える手術です。
主に股関節、膝関節などで行われ、痛みを和らげたり、人工関節により歩行が可能になったりします。
ただし、人工関節は耐用年数があり15〜20年程度となっています。

リハビリによる治療
リハビリ治療の目的は、関節可動域の維持・関節変形の防止・筋力低下を防ぐことです。

リハビリは大きく分けて、理学療法・作業療法・装具療法があります。
理学療法は、患部やカラダを温めて血流をよくしたり、筋肉の緊張を和らげて痛みを軽減させる温熱療法や筋肉の維持・増強や関節可動域の保持を目的とする運動療法などがあります。

作業療法は、社会復帰を目的としたもので、自助具などを用いたり、家を改造して日常生活を送るための訓練を行います。

装具療法は、サポーターや専用の装具を用いて、関節の負担の軽減や保護などを目的に行われます。

リハビリによる治療は、日常生活を送る上で大変重要な治療の1つです。
ただし、リハビリのやりすぎや独自のリハビリを行うとかえって症状を悪化させてしまう恐れがありますので、理学療法士や作業療法士の方からリハビリを受けて、正しい知識を身につけるようにしましょう。

関節リウマチ(RA)における検査データ

血液検査
リウマトイド因子高値
リウマチ患者の75%の方で高値を示します。

ALP高値
骨破壊により、骨由来のALPが増加します。

CRP高値
体内の炎症反応を現す検査で、関節リウマチの炎症の程度を反映して増加します。

MMP-3高値
MMP-3(マトリックスメタロプロティナーゼ-3)は、線維芽細胞・滑膜細胞・軟骨細胞から分泌される蛋白分解酵素で、関節リウマチでは滑膜が増殖を反映して高値を示すようになります。

抗CCP抗体陽性
抗CCP抗体は、自己抗体の1つで、関節リウマチの60〜90%で陽性を示し、他の疾患では上昇しにくいことから、関節リウマチの診断に用いられています。

ヘモグロビン低値
関節リウマチの方に軽度から中程度の貧血がみられることがあります。
これは、慢性的な炎症による貧血で、鉄代謝の異常や骨髄における産生の低下などによるものです。
また、薬の副作用による消化管出血が原因で起こる場合もあります。

関節リウマチ(RA)の診断基準

米国リウマチ学会分類基準(1987年)

  1. 朝のこわばりが、少なくとも1時間以上続く
  2. 3ヶ所以上の関節に、炎症による腫れがある
  3. 手の指の第2関節または第3関節、あるいは手首の関節に炎症による腫れがある
  4. 左右対称の関節に、炎症による腫れがある
  5. 肘や膝などに皮下結節(リウマトイド結節)がみられる
  6. 血液検査でリウマトイド因子が陽性
  7. X線検査で、手の関節に異常がみられる

※1〜4は6週間以上持続していること
上記7項目中4項目を満たせば関節リウマチと診断する

生活上の注意点

関節リウマチは、症状が軽くなったり、悪くなったりを繰り返して慢性的な経過をたどることが多い病気ですので、日常生活に気をくばることが大切です。

一般的に、疲れやストレスを貯めず、十分な休養をとり、バランスの取れた食事をし、規則正しい生活を心がけましょう。

特に関節の腫れや痛みがひどい時は、無理をせず関節を安静に保つ必要があります。
ただし、安静のしすぎは禁物です。
安静にしすぎると、体力の低下や関節の可動域の低下を招く恐れがあります。
そのため、医師などの意見を聞きながら、関節の痛みや腫れが治まっているときは、無理をしない程度に動くことが大切です。

関節を冷やすと痛みが強くなることがあるので、夏場のクーラーや冬場は、関節を冷やさないように注意しましょう。

また、関節に負担をかけないことも日常生活において大切なことです。
たとえば、バックを手で持たず、肩にかけるなど、ささいなことでも関節の負担軽減につながります。
自助具をうまく利用することも関節の負担軽減となります。
自分では、分からないことも多いと思いますので、リハビリ時や診察時に医師やリハビリ担当者に相談して、関節リウマチとうまくつきあう生活を心がけましょう。