花粉症

花粉症とは

花粉症とは、花粉が体内に入ることによって引き起こされるアレルギーです。

花粉症発症のメカニズム

最初に花粉が鼻や口から体内に侵入すると、マクロファージと呼ばれる免疫細胞が花粉を取り込みます。
マクロファージが花粉を異物と判断すると、その情報をリンパ球に伝えます。
リンパ球はその情報をもとに、抗体(IgE抗体)を産生します。

鼻粘膜や眼結膜には、肥満細胞と呼ばれる免疫細胞があり、その肥満細胞と抗体(IgE抗体)が結合します。
そこへ花粉が侵入してくると、肥満細胞にある抗体と花粉(抗原)が結びつき、肥満細胞がヒスタミン、ロイコトリエンなどの 化学伝達物質を放出します。
この科学物質の放出によって、鼻水・くしゃみ・目のかゆみなどさまざまな症状が引き起こされるのです。

花粉症の症状

花粉症の主な症状は、くしゃみ、鼻水・鼻づまり、充血、涙目、目のかゆみ、頭痛、軽度疲労感などがあげられます。

花粉症の検査

皮膚テスト
腕の皮下に花粉を溶かした液を注射して炎症反応が出るかを調べる検査です。

特異的IgE抗体
血液を採取して、それぞれの花粉(すぎ・ひのき・ぶたくさなど)に対するIgEが体内で産生されているかを調べる検査です。

鼻汁好酸球検査
鼻汁をスライドガラスに塗って、それを染色液で染め、好酸球(白血球の一種)が存在するかを調べる検査です。

鼻誘発試験
鼻粘膜に花粉(抗原)が付着した濾紙をのせて、それによって、アレルギー反応 (くしゃみ・鼻水など)が誘発されるかを調べる検査です。

点眼誘発試験
花粉(抗原)を溶かした液を点眼してかゆみなどのアレルギー症状が起こる、または結膜からの分泌物を採取して、その中に好酸球が存在するかを調べる検査です。

花粉症の治療

花粉症の治療は点鼻、点眼薬や内服薬によって症状を緩和させる治療が一般的です。
その他に、減感作療法といって、花粉の抽出液を徐々に濃度を濃くして注射していき、体を花粉に慣らしてしまう治療法など様々な治療法があります。

花粉症対策をしよう

マスクをする
今では、使い捨ての安価のマスクが存在していますので、衛生面からみても 使い捨てマスクがお奨めです。
メガネをする
花粉症対策メガネがもっとも花粉症には効果がありますが、普通のメガネでも非着用時に比べると、花粉が目に入る量は半減します。
家に入る前に衣類をはたいてから入る
これは、家の中に花粉を入れないためには必要なことです。
ご自身が気をつけるのはもちろんのこと、ご家族にも実践して頂かないと意味がありませんので、ご家族にもまた、訪問者の方にも実践してもらいましょう。
布団や洗濯物を取り込むときは、しっかりとはたいてから取り込む
これも、家の中に花粉を入れないためには必要なことです。
空気清浄機などを用いる
やはり、完全に外気を遮断することは不可能ですので、空気清浄機があれば、使用して空気内の花粉を取り除くのがベストです。
外出先からかえってきたら、手洗い、うがい、洗顔を心がける
からだについている花粉を洗い流しましょう。