食物アレルギー

食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、通常ヒトの栄養源となる食べ物中のタンパク質が、体内に取り込まれると、それを栄養としてではなく、異物としてカラダが認識してしまい、それを駆除しようとして抗体が作られ、たんぱく質を攻撃します。
それが様々な症状として現れるわけです。

この食物アレルギーは、乳児に多くみられ(約10%)、大人になるにつれその割合は低くなります。
子供のときの食物アレルギーは、自然に治っていくことがありますが、大人の場合は、治りにくいことが多いようです。

※乳児期の食物アレルギー患者のほとんどの方は、アトピー性皮膚炎を合併していることが多いようです。

乳児の食物アレルギーは、母親の摂取した食物由来のタンパク質が母乳中に含まれることによって、食べ物を食べたことがまだない赤ちゃんの体内で抗体が作られてしまいアレルギー症状がでてしまうわけです。
これを経母乳感作といいます。

ちなみに、日本における全年齢の原因食物の順位は以下のとおりです。
 第1位 鶏卵   第2位 乳製品   第3位 小麦
 第4位 甲殻類 第5位 くだもの   第6位 蕎麦

食物アレルギーの症状

食物アレルギーの主な症状は以下の通りです。

皮膚粘膜症状
皮膚 : 発赤(ほっせき)、蕁麻疹(じんましん)、掻痒感(そうようかん)、浮腫(ふしゅ) など
 眼  : まぶたの浮腫、充血、掻痒感 など
口腔 : 掻痒感、違和感 ※ など

消化器症状
嘔吐・下痢・腹痛 など

呼吸器症状
くしゃみ・鼻水・喘鳴(ぜんめい)・せき など

アナフィラキシーショック
意識障害・血圧低下・頻脈(ひんみゃく) など

※口腔アレルギー症候群(OAS)
特定の野菜や果物を食べると、口の中が腫れたり、痒くなるなどの症状があります。
また、口腔アレルギー症候群は花粉症患者に多くみられる傾向があることから、花粉と果物又は野菜がお互いに体内で何らかの影響を与えてると考えられています。

※アナフィラキシーショック
アナフィラキシーショックとは、全身におこる即時型アレルギー反応によるショック症状で、意識障害や血圧低下・呼吸困難など命にかかわる症状が起こります。

用語解説
発赤(ほっせき)
皮膚の表面にあり血管が炎症によって拡張・充血して赤くなる状態のことです。

掻痒感(そうようかん)
かゆく感じる状態のことです。

蕁麻疹(じんましん)
突然、虫にさされたようなかゆみを伴う、赤くくっきりと盛り上がった発疹が体中にできるもの。
発疹の大きさは、2mmくらいのものから、大きいものでは1cmをこえるものもあります。
急性のものは、通常、数時間〜数日で跡形もなく消えてしまいます。

喘鳴(ぜんめい)
ゼーゼーまたはヒューヒューという呼吸のときの起こる呼吸音のことで、気道に痰などの分泌物や異物がある場合や、気道の一部に狭窄がある場合に起こります。

浮腫(ふしゅ)
浮腫(むくみ)のページ参照

食物アレルギーの検査

特異的IgE抗体検査
血液を採取して、アレルギー反応を起こしていると疑われる食べ物に対する抗体が体内で作られているかを調べる検査です。
プリックテスト
アレルギー反応を起こしていると疑われる食べ物からエキスを抽出して、そのエキスを患者の皮膚につけて、その反応を見る検査です。
食物除去試験
アレルギー反応を起こしていると疑われる食物を1〜2週間完全に除去して、症状の改善が得られるかどうかをみる検査です。
食物負荷試験
@アレルギー反応を起こしていると疑われる食べ物を摂取させて、その反応をみることにより、原因物質の断定をするための検査です。
A原因物質を摂取させて、その食物に対して耐性を獲得※したかどうかをみる検査です。

※耐性の獲得とは
以前は原因物質を摂取すると、アレルギー反応を起こしていたけれども、生活習慣や適切な治療により、原因物質を摂取しても、アレルギー反応を起こさなくなること。

食物アレルギーとうまくつきあうために

加工品などを購入する際は、しっかりと原材料表示をみましょう
現在は食品衛生法により、食物アレルギーを起こしやすいものは表示を義務、又は表示を推奨されています。

表示を義務づけられているもの
そば・卵・落花生・小麦・乳

表示が勧められているもの
鶏肉・牛肉・豚肉・バナナ・もも・リンゴ・オレンジ・キウイフルーツ・さば・いか・あわび
・さけ・いくら・えび・かに・くるみ・大豆・やまいも・まつたけ・ゼラチン

食物依存性運動誘発性アナフィラキシーに注意しましょう
普段は食べていてもアレルギー症状がでないのに、食べて2時間以内に激しい運動をすると蕁麻疹などのアレルギー症状がでるというものです。
そのため、一度食物依存性運動誘発性アナフィラキシーになったことがあるヒトはなるべく食後2時間はあまり運動をしないように心がけましょう。

緊急時の連絡先などを学校や幼稚園に伝えておきましょう
親がどんなに注意をはらっていても子供の場合は、友達のお弁当をもらったりしてアレルギー症状を発症してしまうことがあります。
そのため、緊急時の連絡先やもし対応策がある場合はそれを先生などに伝えておきましょう。
また、本人がいつも持っているもの(定期券や名札など)にそれらを書くまたは書いたものを挟んでおくのもいいと思います。

代替できる商品を使って、栄養を補いましょう