高血圧

高血圧とは

高血圧とは、収縮期(最高)血圧:140mmHg以上、拡張期(最低)血圧:90mmHg以上のどちらか若しくは両方にあてはまる状態を指します。

より詳しい分類は、世界保健機関(WHO)と国際高血圧学会(ISH)で定められており、以下の通りです。

高血圧診断基準

収縮期血圧 (mmHg) 拡張期血圧 (mmHg)
至適血圧 120未満 80未満
正常血圧 130未満 85未満
正常高値血圧 130〜139 85〜89
高血圧(軽度) 140〜159 90〜99
高血圧(中等度) 160〜179 100〜109
高血圧(重度) 180以上 110以上

※収縮期血圧と拡張期血圧が異なる分類に属する時は、高いほうの分類を見てください。

高血圧はとっても怖い!

高血圧はサイレントキラー(静かなる殺人者)と呼ばれているくらい怖い病気です。
高血圧を長期間放っておくと、血管が高い血圧に耐えるために壁が厚くなります。
そして、血管内腔が狭くなり、そして血管が狭くなることによりまた血圧が上昇するという悪循環になってしまいます。

高血圧には種類がある!?

実は高血圧は大きく分けて2種類あります。
本態性高血圧と二次性高血圧です。

本態性高血圧
高血圧となるはっきりとした原因が分からないものを指します。
高血圧の約90%がこれに属します。

二次性高血圧
なんらかの病気がありこの病気によって血圧が上昇しているものを指します。

高血圧の症状

高血圧は特徴的な症状が特にありません。
人によっては、頭痛や肩こりなどを訴える方もいますが、かならずしも起こるものではありません。

高血圧を放っておくと・・・

高血圧を放っておくと、以下のようなことが起こる可能性がありますので注意が必要です。

心不全
高血圧状態が続くことによって、心臓に負担がかかり、だんだんと肥大してしまいます。
そして、心臓のポンプとしての働きが弱くなり、心不全をおこしてしまうようになります。

脳出血
高血圧状態が続くことによって、脳内の血管に負担がかかり、そして長期間高血圧状態が続いたために、血管がもろくなり出血を起こしてしまいます。

腎障害、網膜出血など
高血圧状態が続くことによって、腎臓や網膜などにある細い血管にも負担がかかり、そして結果的に腎臓や網膜にも障害が起きてしまいます。

高血圧の予防法

血圧は疲労やイライラ、睡眠不足、喫煙、塩分の多い食事などさまざまな因子で上昇します。

塩分摂取の制限
1日7g以下 塩分が多いと、浸透圧の関係で細胞内の水分が血管内へ移動します。
その結果、血管内の水分量が増え血圧が上昇する原因となります。
ストレスを貯めない
血圧は過度のストレスですぐに上がってしまいます。
適度な運動の実施
適度な運動はストレスの発散だけでなく、生活習慣病の予防・治療には不可欠です。
初めから無理はせず、自分自身が続けられる程度から行いましょう。
禁煙
喫煙をすると、血管が収縮するため、結果的に血圧が上昇します。
カリウムの摂取
野菜や果物に含まれているカリウムは塩分を体外に排泄する作用があるので血圧を下げる効果があります。
肥満の改善 など
体重を減らすことにより、結果的に心臓の負担を軽減させることができるので、 血圧をさげる効果があります。

※血圧は、日常生活において、常に一定ではありません。
たとえば、イライラしているときや、運動後などは、安静時よりも20〜40前後は普段よりも高いものです。

そのため、一回の測定で基準よりも血圧が高いからといってすぐに高血圧とは判断できません。
毎日決まった時間(例えば、朝起きたときなど)に測定をして、常に高いときは、高血圧の可能性がありますので、罹りつけの医師にご相談を・・・。