高脂血症

高脂血症とは

高脂血症は  ・高コレステロール血症 ・高LDLコレステロール血症 ・高トリグリセリド血症 ・低HDLコレステロール血症など の総称です。

高脂血症は動脈硬化の危険因子であるので、異常値が持続すると動脈硬化が進み、脳梗塞や心筋梗塞などの原因となる、とても怖い病気のひとつです。

動脈硬化自体は年を取るにつれて起こる生理的なものですが、高脂血症になると動脈硬化が進行してしまいます。

高脂血症診断基準     

高コレステロール血症
総コレステロール値 : 220mg/dl以上
高LDLコレステロール血症
 LDLコレステロール値 : 140mg/dl以上
低HDLコレステロール血症
HDLコレステロール値 : 40mg/dl以下
高トリグリセリド血症
トリグリセリド値 : 150mg/dl以上

コレステロールは悪者なの?

コレステロールは、必要以上に多いと動脈硬化が進んでしまうので問題となりますが、実はカラダには必要不可欠なものなんです。
カラダでの働きは主に、細胞膜を作る材料、ステロイドホルモンの材料などになっています。

HDLコレステロールとLDLコレステロール

コレステロールはそもそも、血液とは直接混ざり合うことができません。
ちょうど、水と油の関係のようなものです。
そのため、リポ蛋白(HDLやLDLなど)と呼ばれる特殊な蛋白と結びついて血液中に溶けています。

HDLコレステロールは別名、善玉コレステロールと呼ばれています。
なぜなら、血液中の余分なコレステロールを肝臓に運んでくれるからです。
そうしてくれることによって、血液中のコレステロール濃度が下がります。

逆にLDLコレステロールは、悪玉コレステロールと呼ばれています。
LDLコレステロールは、肝臓からコレステロールを血液中に運んでくるからです。
そうすることによって、血液中のコレステロール濃度が上がり、動脈硬化が進んでしまいます。(これはあくまでも、必要以上に多い場合です。)

トリグリセリド(中性脂肪)について

ここまでコレステロールの話ばかりでしたが、中性脂肪も空腹時で150mg/dl以上の場合は高脂血症となります。

中性脂肪は体内のエネルギーとして必要ですが、必要以上摂取すると体内に蓄えられて、肥満や動脈硬化の原因となりますので注意が必要です。
中性脂肪も血液内ではリポ蛋白のたすけをかりて血液中に溶けています。

高脂血症の症状

高脂血症で症状は特にありません。
アキレス腱の肥厚や黄色腫などがおこる場合もありますが、痛みなどはありません。

高脂血症の予防法

高脂血症の予防法は、やはり適度な運動と食事の見直しです。
高脂血症の方は、遺伝的なものを除くと、高カロリーの食事や運動不足の方が大半を占めています。

そのため、これらを改善することで高脂血症は、かなりよくなるハズです。
運動は、長期間続けられるように、はじめから無理をせず、少しずつでも続けることを目標に、食事は残す勇気を身につけましょう!!