糖尿病

糖尿病とは

永年の食習慣やストレス、遺伝的要因によって、膵臓から分泌されるインスリンが、十分に産生されない、もしくは、量は十分でも体内でうまくはたらかないことで、血糖値が上昇してしまう病気です。

糖尿病は長い間放っておくと、神経障害・腎障害・眼の障害などさまざまな合併症を引き起こす可能性がある、とても怖い病気です。

インスリンのはたらき
インスリンは血液中の糖を細胞内へ取り込む作業をしています。

糖尿病診断基準

臨床診断
1)初期検査
 @空腹時血糖値≧126mg/dl
 A75gOGTT(糖負荷検査)2時間値≧200mg/dl
 B随時血糖値≧200mg/dl
 CHbA1c≧6.1%(国際標準値の場合は6.5%)

@〜Cのうちいずれかを認めた場合は、「糖尿病型」と判定する。
別の日に再検査を行い、再び「糖尿病型」が確認されれば糖尿病と診断する

但し、HbA1cのみの反復検査による診断は不可。
また、血糖値とHbA1cが同一採血で糖尿病型を示すこと(@〜BのいずれかとC)が確認されれば、初回検査だけでも糖尿病と診断できる。

2)血糖値が糖尿病型(@〜Bのいずれか)を示し、かつ次のいずれかの条件がみたされた場合は、初回検査だけでも糖尿病と診断できる。
 ・糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在
 ・確実な糖尿病網膜症の存在

3)過去において、上記1)ないしは2)の条件がみたされていたことが確認できる場合には、現在の血糖値が上記の条件に合致しなくても、糖尿病と診断するか、糖尿病の疑いを持って対応する必要がある。

4)上記1)〜3)によっても糖尿病の判定が困難な場合には、糖尿病の疑いを持って患者を追跡し、時期をおいて再検査する。

※検査時はストレスのない状態での高血糖の確認が必要。

(2010年:糖尿病学会 糖尿病の分類と診断基準に関する委員会報告より引用)

糖尿病には種類がある!?

糖尿病にはいくつかの種類が存在します。

インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)
膵臓のインスリンを分泌するランゲルハンス島のβ細胞と呼ばれる細胞のほとんどが、壊されてしまっているため、インスリンを分泌することができないために起こる糖尿病。
1型糖尿病の多くは30歳前後と比較的若い年齢で発症します。

インスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)
インスリンの分泌低下やインスリンの量は十分でも、インスリンの働きが低下(インスリン抵抗性)しているために起こる糖尿病。
糖尿病の方の多くは、この2型糖尿病に属します。

妊娠糖尿病
妊娠中に糖尿病を発症して、出産後に糖尿病が治る病態です。
この病態は、糖尿病が治ってもいずれまた糖尿病を発症する可能性がとても高いので注意が必要です。

その他
膵炎やホルモン異常などにより糖尿病が起こる病態です。

糖尿病の症状

糖尿病の主な症状は、口が渇く、多飲、多尿、倦怠感などがあらわれます。

とっても怖い!!糖尿病が引き起こす合併症

高血糖状態が長期間続いてしまうと、血管が障害を受けます。
それが腎臓で起きれば、腎障害(糖尿病性腎症)、目で起きれば、目障害(糖尿病性網膜症)、神経に栄養を供給している血管で起きれば、神経障害(糖尿病性末梢神経障害)となります。

また、高血糖状態では、白血球などの感染防御機構がうまく働かなくなるので、細菌などに感染しやすくなるので要注意です。

糖尿病の予防法

食生活の改善
当然のことですが、食べ過ぎはよくありません。
自分自身の適正カロリーを知り、それに合せた食生活に改善しましょう。

適度な運動
運動をすることによって、エネルギー源である糖は消費されます。
そのため、適度な運動は血糖値を低下させる効果があります。