A型肝炎

A型肝炎の原因ウィルス

A型肝炎の原因ウィルスは、A型肝炎ウィルス(HAV:hepatitis A virus) です。

A型肝炎の感染経路

A型肝炎の感染経路は、経口感染です。

A型肝炎ウィルスは、A型肝炎ウィルスに感染している患者の便中に排泄されます。
発展途上国のような衛生面(上下水道の完備など)が十分に整備されていないところだと、このA型肝炎ウィルスが大量に存在する便が川や海に流れます。
その結果、魚介類(特に貝類)を生で食べることにより感染したり、飲料水や生野菜(汚染された水で洗うため)などでも感染することがあります。

日本の場合は、牡蠣(カキ)の生食や輸入貝の生食によっての感染が多く、又、幼児や小児のの場合は感染しても自覚症状が乏しいため、幼小児からの二次感染もあります。

A型肝炎の潜伏期間

A型肝炎の潜伏期間は、約2〜6週間です。

※潜伏期間とは、菌やウィルスに感染してから、症状があらわれるまでの期間のこと です。

A型肝炎の主な症状や特徴

A型肝炎の症状はまず、発熱や倦怠感、食欲不振、嘔気・嘔吐など、風邪の症状に似た症状がでます。
その後、黄疸や肝腫大があらわれます。

これらの症状は、大体1〜2週間続き、軽快していきます。

※A型肝炎ウィルスは、一過性感染のみでキャリア状態にはならず、感染しても予後は比較的良好で、慢性肝炎や肝硬変へはなりません。

又、A型肝炎は、一度感染するとA型肝炎ウィルスに対する抗体が作られて、この抗体は、生涯なくなることはないので、A型肝炎に再感染することはありません。

A型肝炎の検査

A型肝炎に感染しているかどうかを調べる検査に一般的に用いられるのが、HA抗体検査です。

この検査は、血液を採取して、血液中にHA抗体(A型肝炎ウィルスに対する抗体)が存在しているかを見ています。
これで陽性と判定された場合、@現在、HAVに感染しているA以前HAVに感染していたが、今は治癒しているのどちらかということになります。

そのため、A型肝炎の感染を疑うときは、より詳しいHA-IgM抗体検査を実施することがあります。
この検査を実施することで、現在感染中であるのか、以前感染して現在は治癒しているのかを区別することが出来ます。

HA抗体検査は、血液を採取するだけで検査できますので、気になる方は一度検査を受けられたら如何でしょうか?

A型肝炎にならないために

A型肝炎にならないために、最低でも下記の様なことは心がけましょう!

・海外へ渡航(特に上下水道の整備が整っていない地域)するときは、水道水や井戸水は飲まない。
又、生野菜や生の魚介類など、生ものをさけ、なるべく火の通ったものを食べる。

・A型肝炎ウィルスに感染しているものを看護した際は、必ず手を洗う。
特に、幼小児のオムツを処理したときは注意が必要です。

・海外へ渡航(特に上下水道の整備が整っていない地域)するときは、なるべくA型肝炎ワクチンを接種する。

A型肝炎の治療法

一般的にA型肝炎ウィルスは、劇症肝炎への移行がなければ予後が良好であり、基本的には特別な治療はせず、安静臥床をし、食事が摂れないなどがあれば、点滴などの対症療法を行ないます。