BCG

BCGワクチンの接種目的

結核菌の感染によって起こる結核を予防するワクチンです

接種時期と接種回数

対象者
生後6ヶ月未満の者
※BCGワクチン豆知識を参照ください。

接種回数
1回(専用の針(はんこのような形のもの)で2回圧針する)

接取量
専用のスポイトで滴下

BCGワクチンでみられる副反応(副作用)

接種後10日から4週間くらいの間に局所反応として、接種部位が赤くなったり、腫れたり、硬くなったり、かさぶたができたりしますが、1〜3ヶ月程度でよくなります。

ときに膿をもつことがありますが、これも次第にかさぶたとなりよくなっていきます。

その他に、脇の下のリンパ節が腫れることがありますが、6ヶ月以内に消えていきます。
重大な副反応として、全身播種性BCG感染症、骨炎(骨髄炎、骨膜炎)、皮膚結核様病変(狼瘡、腺病性苔癬など)が起こることがあります。

一般的に重篤な副反応は少ないとされていますが、37.5度以上の熱がある場合や、腫れや痛みが続く場合など、気になる症状がある場合はかかりつけの医師に相談しましょう。

BCGワクチン豆知識

生後6ヶ月未満ならいつでも接種可能というわけではありません
BCGを生後6ヶ月までに接種するのは、乳幼児期に結核に感染して結核性髄膜炎や粟粒結核などの重症結核になることを防ぐ目的があります。
ですので、なるべく早い時期に接種する必要があります。

しかし、生まれてすぐの赤ちゃんの中には、まれではありますが先天性免疫不全がみられることがあり、これを生後すぐに診断するには不可能です。
もし、先天性免疫不全の赤ちゃんにBCGを接種してしまうと、重篤な副反応がでてしまうことがありとても危険です。
ですので、通常は生後3ヶ月以降に接種するのが一般的です。

コッホ現象がみられたら必ず受診を!
通常結核に未感染でBCGを接種した場合、接種後10日前後で接種部位が発赤・腫脹・化膿して、1〜2ヶ月程度で化膿巣ができますが、結核既感染者に接種すると、接種後10日以内に接種部位に発赤・腫脹や化膿等が起こり、通常2週間〜1カ月以内に消炎・瘢痕化し、治ります。
この結核既感染者に接種した場合に見られる一連の反応をコッホ現象といいます。

このコッホ現象がみられるということは、結核に罹ったことがあるということを意味していますので、お子さんにこのコッホ現象が見られた場合、ほとんどが家族からの感染(家族に結核に感染している方がいる)が考えられるため、まず受診をしてコッホ現象であるかどうかをみてもらう必要があります。

※予防接種に関する一般的な注意事項などは、予防接種についてをご覧下さい。