ビタミンB2

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2(リボフラビン)は、小腸から吸収されて、補酵素の形に変換されてから各組織で使われます。

ビタミンB2(リボフラビン)は、糖質・タンパク質・脂質などの代謝に関わる酵素 (主に脱水素酵素、酸化酵素)の補酵素として働いているので 、発育ビタミンとも呼ばれています。

ビタミンB2(リボフラビン)の生理作用

ビタミンB2(リボフラビン)の生理作用は、以下の通りです。

補酵素作用
ビタミンB2は、体内でFMNやFADとなって酵素の働きを助ける補酵素として作用します。

ビタミンB2(リボフラビン)所要量

日本人が1日に必要なビタミンB2(リボフラビン)の量

第6次改定日本人の栄養所要量より
 成人男性 : 1.2mg
 成人女性 : 1.0mg
  妊婦   : 1.2mg
  授乳婦  : 1.3mg

ビタミンB2(リボフラビン)の欠乏症

ビタミンB2(リボフラビン)が欠乏すると、以下のような症状があらわれることがあります。

皮膚粘膜の炎症
・結膜炎 ・口唇炎、舌炎 ・脂漏性皮膚炎 など

ビタミンB2が欠乏する原因

  1. ビタミンB2の摂取不足
  2. 腸での吸収不良
  3. 体内での消費増大
  4. 体内での補酵素への合成障害 など

ビタミンB2(リボフラビン)を多く含む食品

牛乳、肉、卵、納豆 など